熊本電気鉄道株式会社

翻訳
  • English
  • 中文
  • Google自動翻訳について

    当サイトは、外部サイトの翻訳サービス[ Google翻訳サービス ]を導入しています。機械的に翻訳されますので、言葉づかい・文法などが正確でない場合があります。翻訳の精度にともなう間違いがあったとしても、当社では責任を負うことができません。また、ページ内のテキストは翻訳されますが、画像・添付ファイルなど、翻訳の対象外となるものもありますので、ご了承ください。

採用情報
検索
メニュー
  1. トップ
  2. 貸切バス くまでんバスツアー
  3. 過去のバスツアー
  4. 秋の三名所「青の洞門」「御霊もみじ」「耶馬渓」もみじ狩り

貸切バス くまでんバスツアー

秋の三名所「青の洞門」「御霊もみじ」「耶馬渓」もみじ狩り【受付終了】

6,980円(小学生以上同額、幼児はお問い合わせください。)

このツアーの紅葉スポットは3箇所!!

【青の洞門】
諸国巡礼の旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚が、危険な道で人馬が命を落とすのを見て心を痛め、30年かけた手彫りの洞門全長342m(うちトンネル部分は144m)の洞門を完成させました。後に、作家・菊池寛がこの地を訪ねて大正8年(1919)に書かれた小説「恩讐の彼方に」は、菊池寛の出世作となりました。

【御霊神社/御霊もみじ】
村人である平岡藤次郎氏らが、神社の仮御殿にあった紅葉の木に五色の苗木を接木し、本殿に植えたものが御霊紅葉のはじまりとされています。
苔むした御霊神社の参道の階段の両脇にあるモミジが見事に紅葉している様子は神秘的ともいえる美しさで、道上に落ちた色とりどりの落ち葉が絨毯のように敷き詰められる様子も美しく、毎年その様子をカメラに収めようと多くのカメラマンも訪れる、知る人ぞ知る紅葉スポットとなっています。

【深耶馬渓/一目八景】
深耶馬溪の中心地にあたる一目八景は、群猿山、鳶ノ巣山、嘯猿山、夫婦岩、雄鹿長尾の峰、烏帽子岩、仙人岩、海望嶺などの周囲の岩峰群が一望できることから名づけられた深耶馬溪の代表的な景勝地です。
蕎麦屋や旅館などの中心に位置する一目八景展望台から、景色を堪能出来ます。
さらに、川向こうには遊歩道もあり、展望台からの眺めとはまた違った一目八景を満喫出来ます。

昼食には地元の野菜をふんだんに使用し、地産地消で人気の「洞門パティオ」さんのランチバイキングをご用意致します。食欲の秋、たっ〜ぷりお召し上がり下さい!!

※クリックすると拡大表示でご覧いただけます。

備考

※城彩苑の出発地は桜町バスターミナルもしくは市民会館に変更になる可能性が
 あります。詳しくは出発決定時の書類にてご確認下さい。
※最少催行人数/40名
※昼食1回付き(農家のレストラン洞門パティオ)
※添乗員同行/ガイドなし
※利用バス会社:熊本電鉄又は同等クラス

空席状況、行程など、ご不明点が御座いましたら、
お電話にてお気軽にご連絡ください。